◇松野仁貞のワールドリポート

 新型コロナウィルス(COVID-19)感染による日本国内の死者が最悪の場合57万人に上るとの研究結果が明らかになった。オーストラリア国立大学教授らの研究で、米大手シンクタンク・ブルッキングス研究所が公表した。タイトルは『The global macroeconomic impacts of COVID-19: Seven scenarios』。全世界での死者は6800万人に達するとみられている。

 研究をまとめたのは、オーストラリア国立大学教授のワーウィック・マッキビン氏とローシェン・フェルナンド氏。報告書としてブルキング研究所のウエッブサイトで公表された。

 報告書によると、感染による日本の死者の推計は57万人で、韓国の27万2000人、イタリアの26万5000人を上回る。中国の死者は1257万3000人、米国は106万人が死亡すると推定されている。





 約1ヶ月前に米フォーブズ誌が掲載したAIによる予測では、全世界の感染者は25億人、死者は5500万人と推定されていたが、この予測を大幅に上回っている。

 マッキビン教授は「報告書作成時点でのデータ確定されたものではなく流動的。各国は予測を上回るさらに最悪のケースに備える必要がある」としている。

 また、報告書によると、最悪のケースでの世界のGDP損失は9兆ドル(約954兆円)に上るとみられている。

 本誌既報のとおり、新型コロナウィルスはヒトへの攻撃を目的に作り出された人為的ウィルスで、変異しながらヒトへの攻撃力・感染力を増強している。

 検査方法も治療法も確立されていない中で、各国は全力を挙げて対策に乗り出している。何ら有効な対策を打ち出せずにいるのは日本だけだ。報告書作成時点ですでに無策の日本は韓国、イタリアよりも推定死者数が上回るとされているが、こうした状態が続けば飛躍的な死者数増加につながるとの懸念が関係者の間で指摘されている。(WORLD REVIEW 編集長 松野仁貞)


【本誌既報】

『武漢に生物兵器開発施設 コロナウィルス感染源の可能性』

『新型コロナウィルスに人為操作の痕跡 AI予測「死者5300万人」』

『新型コロナの「変異」確認 攻撃力・感染力増強「未知の領域」へ』

【参照】

ブルッキングス研究所 The Brookings Institution

https://www.brookings.edu/research/the-global-macroeconomic-impacts-of-covid-19-seven-scenarios/